【3種比較してみた】明和グラビアの「断熱カーテンライナー」(明るさ・保温効果・耐久性)

【3種比較してみた】明和グラビアの「断熱カーテンライナー」(明るさ・保温効果・耐久性)

冬の寒さをどうにかしたい

電気代がヤバい…

我が家は築10年超えの木造アパートです。結露がスゴいし家の中の方が寒いこともあります。(ホント)

対策をしようと調べた結果、明和グラビアの断熱カーテンライナーにたどりつきました。

明和グラビアを買っておけば失敗はなさそうですが、ホワイト・クリア・レース…よくわからないので3種類を比較してみました!

記事内容

  • 明和グラビア断熱カーテンライナーとは?
  • 取り付けはかんたん
  • 明るさにおおきな差はない
  • 耐久性OK
  • 断熱性(保温効果)
  • 注意すること

この記事を読むことで、「明和グラビア断熱カーテンライナー」の比較や性能がわかり、安心して購入することができます!

先に比較まとめです。

3種類の比較まとめ

  • 明るさ、耐久性、断熱性に大きな差はない
  • 窓の開け閉め、網戸、掃除機のときはちょっとジャマになる

えらびかた

  • 外の景色が見たいならクリア
  • 目隠しならホワイト
  • 模様がほしいならレースリーフ

おすすめのつかいかた

  • 夏・冬だけ断熱シートをつける
  • 網戸の時期はつかわない

仕組みはかんたん

Amazon.co.jp

窓ガラスとカーテンの間に断熱カーテンライナーをつけるだけです。

1枚でそんなに変わるの?

と思ったあなた

  • 窓ガラスをさわってみてください
  • カーテンの内側に手を入れてみてください

夏はアツアツ、冬はキンキンです。

室内と外の境界は数センチのガラスだけです。

夏のエアリズム、冬のヒートテックと同じ

チェックポイント

室内と外の境界は数センチのガラスだけなので1枚でもかわる!

サイズは3種類

サイズ(横×高さ)
100cm × 140cm
100cm × 225cm
150cm × 225cm

小窓にも合わせられますね。お好みにカットするのもOK!

225cmって長すぎじゃない?と思ったかもしれませんが、スキマからの冷気ををふさぐには長さが必要です。

びろーん。これでOK

チェックポイント

数センチ単位でえらぶ必要はないので、サイズはざっくりでOK!

取り付けはかんたん

この位置が取り付けしやすい

①カーテンの裏側に一緒に取り付け

通常はこの取り付け方法でしょう。

レースカーテンにつけるのがポイントです。

カーテンと一緒にかけるだけ

②単体で取り付ける

レールに空きがある場合です。

S字フックが付いてきます。

脱衣所につけたりいろんな使いかたがあります。

3種類の比較

ホワイト、クリア、レースリーフ

カラーは4種類

  • ホワイト
  • クリア
  • レースリーフ柄
  • グレー

部屋の中が暗くならないか、どんな違いがあるのか比較してみます。

グレーは遮光のため検証しません。目隠し目的ならグレーがいいかもしれませんね。

ホワイト
クリア
レースリーフ

明るさにおおきな差はない

先に結論です。

  • 晴れでも曇りでも、極端に暗くなることはない
  • クリアは景色がよく見える
  • ホワイトはまったく見えない
  • レースリーフはほとんど見えない

晴れ

まずはGIF画像です。

クリア、ホワイト、レースリーフの順です。

明るさは同じくらい

静止画像も見てみましょう。

まずはクリアです。

クリア

外の景色が見えます。明るいし自然です!


つぎはホワイトです。

ホワイト

ホワイトの拡散で明るくなりました!

外の景色はまったく見えませんが、目隠し効果があります。


さいごにレースリーフです。

レースリーフ

外の景色はほとんど見えませんが、明るさはOKです。

ホワイトと同じように目隠し効果があります。

曇り

どんより

まずはGIF画像です。

クリア、ホワイト、レースリーフの順です。


静止画像も見てみましょう。

まずはクリアです。

クリア

外の景色が見えます。明るさもかわりません。


つぎはホワイトです。

ホワイト

外の景色はまったく見えません。ホワイトの拡散ですこし明るくなりました。


さいごはレースリーフです。

レースリーフ

外の景色は見えません。少しだけ暗くなりました。

チェックポイント

明るさに大きな差はない

外の景色が見えるかの違い

耐久性OK

3つとも厚みがあってしっかりしています。

  • 厚めのビニールカッパ
  • 厚めのビニール傘

といったイメージです。

特にレースリーフがしっかりしています。

チェックポイント

耐久性は気にしなくてOK

断熱性(保温効果)

外から帰ってきたときの

さむっ!

がなくなりました。

窓際に近づいてもヒンヤリ感がありません。暖房を切った後も保温されているようですぐには冷えません。

うれしいのはエアコンの設定温度がかわったことです。シート1枚でこうもかわるのかとビックリです!

室内と外の境界は数センチの窓ガラスだけです。

シート1枚でも効果がある

注意すること

窓の開け閉め・掃除機

レースカーテンと一緒に動くので窓の開け閉めに支障はありません。

断熱カーテンのカタチが崩れてしまうので、いちいち直すのがめんどうです。

網戸にしたとき

断熱カーテンがフタになるので弱い風は入りません。

やや強めの風だと断熱カーテンが動くのでカサカサうるさいです。

でも、だいじょうぶ!

断熱が目的なので、網戸にしてつかうものではありません!

冷暖房をつかう時期だけ断熱シートをつけるのがおすすめ

もし、網戸にしたいときは断熱カーテンだけ束ねましょう。

見た目が…

カーテンを閉じれば気になりません。

風通しバッチリです笑

夏も活躍!家計費節約!

3種類の比較まとめ

  • 明るさ、耐久性、断熱性に大きな差はない
  • 窓の開け閉め、網戸、掃除機のときはちょっとジャマになる

えらびかた

  • 外の景色が見たいならクリア
  • 目隠しならホワイト
  • 模様がほしいならレースリーフ

おすすめのつかいかた

  • 夏・冬だけ断熱シートをつける
  • 網戸の時期はつかわない

冬だけでなく夏の冷房効率にもおすすめです。

冬は暖かく、夏は涼しくすごせます!

性能におおきな違いはないので、使う場所、目的でえらぼう!

あなたの家の光熱費が安くなり、すこしでも快適になればさいわいです。

長い冬を乗り切るために、ぜひ買ってみてください!

ありがとうございました!